表紙のページへもどります
                           日本学校教育相談学会埼玉県支部 後援

  第329回 埼玉教育相談研究会
       研修会のお知らせ


 前回の研修会は、認定カウンセラー研修会相互勉強会との協賛で行ないました。
前座ではミニワークショップ「楽しい遊びの開発」を、参加者全員で楽しみました。
  @骨振動を利用した音遊び
     大き目のフォークを糸でつるして、糸の両端を両方の人差し指にからめ、
     その人差し指を両耳に入れながらフォークを軽くたたきます。すると、不思議な
     感覚の音が聞こえてきます。
  A輪ゴム鉄砲作りと射的遊び
     温泉場によくある「射的」をイメージして数字を書いた的に当てます。
     なぜか夢中になれる楽しい射的遊びです。
 情報提供として、「食べなきゃ危険!」と題して食品と暮らしの安全に関する
話題がありました。ミネラルを多く含む天然だしを摂取したところ、心身の状態が
驚くほど改善されるという食育についての話題でした。食を通じて心の状態を改善
するという新たな取り組みが参考になりました。

 さて、次回は藤原一夫先生の「脳の発達といじめとの関係」についてが大好評で
したので、そのパートUを行なうことになりました。埼玉県スクールカウンセラーや
取手市スクールカウンセラー・スーパーバイザーも兼務しており、実践の中での
いじめ問題への対応が素晴らしいので、その続きをお願いしました。

 ぜひ友人もお誘いの上、参加してみて下さい。

   日時: 2019年 9月 21日(土) 午後1時30分から4時30分

   会場: 越谷市蒲生公民館 パコム 2階 会議室C

 テーマ: 脳の発達といじめとの関係パートU
      講師 藤原一夫 (本研究会会長)

  
 参加者の皆様で、紹介したい資料などがありましたら
   20部ほどご持参下さい。

   
            連絡先 事務局メール sato0595@outlook.jp

   会費:500円

   越谷市蒲生地区センター・公民館 パコム の 周辺地図


大きな地図で見る

 


inserted by FC2 system