表紙のページへもどります
                           日本学校教育相談学会埼玉県支部 後援

  第322回 埼玉教育相談研究会
       研修会のお知らせ

   前回の5月19日に開催されたテーマ 「タブレットを利用して教育
効果をあげる
」については、活発な意見が交わされました。
 東京都の特別支援教室の指導概要が紹介されましたが、
特に学習内容に注目が集まりした。
  個に応じたタブレットの活用事例、
  登校しぶり児童へのスカイプを利用した授業参加とその効果
  SST絵カード、SSTワークーシート、話題カードの活用など、
  東京都の手厚い教育支援の様子が紹介されました。

 さて、今回の研修会テーマは「ゲーム依存症の理解と対応」
になりました。中高生52万人にネット依存が疑われています。
ある医師によると、「子どもがネットにはまるのは、いじめや進学、
親子関係などのストレスからの現実逃避の側面が大きい。」と
指摘されています。
 子どもの置かれた環境は個人ごとに異なり、個別に対応して
いく以外にありませんが、・・・・・・・さて、どうする!
 を、皆様と一緒に事例を検討しながら、考えてまいります。

   日時: 平成30年 7月21日(土) 午後2時から4時30分

   会場: 越谷市蒲生公民館 パコム 3階 会議室B

 テーマ: ゲーム依存症の理解と対応
 今までに取り組まれた事例が有りましたら紹介して下さい。

   会費:500円

   越谷市蒲生地区センター・公民館 パコム の 周辺地図


大きな地図で見る

 


inserted by FC2 system