表紙のページへもどります
                           日本学校教育相談学会埼玉県支部 後援

  第324回 埼玉教育相談研究会
       研修会のお知らせ

  前回の9月29日に行われた勉強会では「最近の高校の
様子」について斎藤光男先生より提案が有りました。
<その提案の主要な項目を挙げると・・・・>
 ・発達障害をめぐる新たな課題 ・同一性の獲得や拡散
 ・低学力 ・貧困の連鎖 ・目的の見えない将来像
 ・義務教育で行うべき事(学力の保障、自己理解と将来像
   のイメージ、自己管理能力やプランニング)
 ・自分の夢やあこがれを語れるか? ・高校通級の現状
 ・配慮を要する生徒の背景  ・企業モデルと学校
 ・ハインリッヒの法則    ・割れ窓理論
などの提案を基にして、熱心な意見の交換が行われました。

 今回は、「これはまずいぞ! いじめ対応」というテーマで
架空事例をもとにしながら、事例検討会の形式で話し合いを
行ないます。
 学校現場で発生した「いじめ事案」を、解決したかの様な
折り合いをつけて・・・・それで、「はい、おしまい。」
この様な対応が、忙しい教育現場では意外に多いという
意見が皆様から有りました。

 失敗例や成功例なども織り交ぜながら、参加者の皆さんと
「これはまずいぞ!」を話し合ってまいります。
 ぜひ、友人も誘いながら11月の研究会に参加してみて
下さい。

   日時: 平成30年 11月24日(土) 午後2時から4時30分

   会場: 越谷市蒲生公民館 パコム 2階 会議室C

 テーマ: 「これはまずいぞ! いじめ対応」

   参加者の皆様で紹介したい資料等がありましたら
   どうぞご持参下さい。架空事例へアクセスします
   
連絡先 事務局 sato0595@outlook.jp

   会費:500円

   越谷市蒲生地区センター・公民館 パコム の 周辺地図


大きな地図で見る

 


inserted by FC2 system